2015年10月14日

いわき市ペット保護センターへ。

2015.October.14 Wed




10月も半ば、紅葉も見られる季節になりました。

みなさんお変わりありませんか。


今年の9月末で閉鎖が決まっていた保護センター、

7月末・8月末にお邪魔した時に

施設内の片付けも少しずつ確実に進んでいましたが、

9月半ば ぎりぎりのところで期限の延長が決まり

12月末まで継続できることとなりました。


保護センターのスタッフさんから連絡を頂き

とにかくとにかく一息ついて

10月8日 いわき市ペット保護センターにお邪魔しました。





IMG_20151009_193718_R.jpg


今回は チャチャから預かったフードと

エールを送り続けて下さっている方々からのご寄附を

みんなから受け取った応援のお気持ちと一緒に

お届けしてきました。




IMG_20151009_164524_R.jpg

「こんにちは、ななちゃん!

 優しい表情と つやっつやなお鼻!

 元気そうで何よりー。」


この日の時点で保護センターにいたコは

犬 9頭。





IMG_20151009_192420_R.jpg

「こたちゃん、こんにちはー。

 うーん…先生からのお薬をちゃんと飲んで

 快方に向かえないのはつらいねぇ…

 チャチャからのごはん、合うといいな 

 こたちゃんも少しずつ混ぜてもらって

 元気になってね!」



センターにいるコたちも

体調を崩したら動物病院へと連れていってもらい

治療を受け お薬を処方して頂き

身体に合ったフードを与えて頂いています。

でも、それにはお金がかかります。


スカイにも医療費がかかること

自分が手術や入院をしてみたこと

長くセンターに通わせてもらってきたことで

今わたしは そういうコたちへの応援を

細々とさせてもらっています。






IMG_20151009_192550_R.jpg

「タロウー(奥にいるコ)

 夕夏ちゃんー(手前のコ)

 過ごしやすい秋がきたね。

 冬への支度が始まるよー。」



タロウは 保護センターに一番長くいるコ、になりました。

タロウとの初対面…2011年12月15日のblog →

タロウとの初散歩…2012年5月11日のblog →


保護センターへと来ることができて

本当に良かったコ、だと思う気持ちと

保護センターのスタッフさん以外で

タロウと気持ち合わせて毎日を送れる里親さん

現れて下さるだろうか、という気持ちとが 4年。





IMG_20151009_192735_R.jpg

「ららちゃんー、調子はどうですかー?

 呼吸がやっぱりあらくて心配だけど

 発作がこの頃起きてないんだってね!

 よかったねー その調子だよー!」





IMG_20151009_192906_R.jpg IMG_20151009_193224_R.jpg

「こんにちはー、シーザーくん!」

「こんにちはー、ルーカスくん!」

きみらは本当に 

いい表情でいっぱい表現できるコで。

スタッフさんたちのほかに

お散歩ボランティアさんたちとの時間も

とっても楽しみだそう。

よかったねー、秋のお散歩いっぱいするんだよー。





IMG_20151009_193410_R.jpg

「わーん!ちゃたろうー 会いたかった!」

スタッフルームに この日も居てくれて

目も見えず 耳も聞こえず 

少し認知症の症状もあって。

それでも 何かを感じてくれてるんじゃないかと

勝手に嬉しくなる このかわいいお顔ったら!


IMG_20151009_192055_R.jpg

前回来た時、ちゃたろうに相談しました。

わんわん保育園をやってみようと思うんだけど どうかなぁ、と。

チャチャは大きな病気とたたかってる最中で

うちにはやんちゃな園児がすでにいるけど

それでもチャチャの元気が続くように

一緒にいたいんだけど どうかなぁ、と。





IMG_20151009_193543_R.jpg

ちゃたろうは 何も言ってはくれないけど

スタッフさんに抱かれて外へと出れば

自力で懸命に 一歩一歩前へと進むし

スタッフさんに手助けしてもらえば

食べることも 飲むことも出来る と見せてくれた。


ちゃたろうの この頑張りが

チャチャの傍にいたい、の大きな力でした。

諦めないよ、諦めないで、と

思いながら過ごせた、大きな力だった。


ありがとう、チャチャ。

虹の橋から ちゃたろうのこと見守っていてね。

お願いだよ。





IMG_20151009_175400_R.jpg

いわき市ペット保護センターは

2011年の5月に開設されてからこれまで

沢山のコたちを まもり・そだて・

元の飼い主さんの元へ、

新しい飼い主さんのところへ、送り出してくれました。


身体や心が傷だらけになってやってきたコが

センターでどんどん回復したり

どんどんいい表情になってゆくのを

月に1度のペースでずっと見せてもらってきました。

12月末まで これまで通り 応援したいと思います。


どうぞみなさまも

保護センターにいるコたちの幸せを

一緒に願っていて下さいね。


いつも ありがとうございます。









2015年08月10日

いわき市ペット保護センターへ。

2015.August.10 Mon



こんにちは。

暑い毎日ですね、体調など崩されていませんか?



すでに先月のことになってしまいましたが…


7月31日の真夏日に 

一か月ぶりの いわき市ペット保護センターへ

おじゃましました。


IMG_20150806_122337_R.jpg




保護センター閉鎖のお話を聞いてから

支援の品のお預かりをお断りしていて

車に積んでゆく荷物はないけど

みなさんから寄せられた応援のメッセージや 

支援の温かいお気持ちを満タンにして

お届させて頂いています。

今回ご参加の方々、どうもありがとうございました。


IMG_20150801_224036_R.jpg



この日 センターにいたのは

犬11頭 猫2匹。


今回も はじめまして、のコがいました。


IMG_20150731_142858_R.jpg



なんで?と思うような理由で

センターにやってくるコが減りません。


IMG_20150806_122132_R.jpg



震災と原発事故による被災動物の保護施設として

2011年の5月に立ち上げられたセンターですが

放浪しているところを保護されるコ

処分対象として保健所からやってきたコ

様々になってきている様子。


IMG_20150801_073325_R.jpg



保護されて来たコも

保健所から来たコも

本人(本犬)たちは 何も言葉を発しませんが

保健所に持ち込む人間が発する言葉は 残酷です。


IMG_20150806_114427_R.jpg



でも。

保護センターでは

みんな同じように大切にされて


IMG_20150806_121755_R.jpg



身体におった傷も

心におった傷も

毎日の手当てとお世話によって


IMG_20150806_114810_R.jpg



ぐんぐん良くなり元気になり

表情も豊かになるコたちを

沢山見せて頂いてきました。


ね!タロウ。


IMG_20150731_155645_R.jpg



初めて会った頃のタロウは

傷がひどく 人の想いを聞き入れる様子はなく

大きな身体を引きずりながら動こうとするから

テーピングにいつも血が滲んで褥瘡もあったけど


沢山の人たちの協力で車いすを作ってもらい

毎日びゅんびゅんお散歩が出来るようになって

目覚ましく回復し 

タロウと呼ぶと「わん!」と応え

今 彼はとても安定しています。

身体も 心もきっと。


一番長い間ここに暮らすタロウ。

ここに センターに

やってくることが出来てよかったねタロウ。


IMG_20150806_115207_R.jpg




はじめまして、の にゃんこさん2匹。

猫さん専用のプレハブ内にいます。

きれい好きな成猫さん。


IMG_20150806_121611_R.jpg



猫ぱーんち!(←合ってますか?)


IMG_20150806_121453_R.jpg



すばしっこく走りまわり飛びまわる

やんぐ猫さん。表情がかわいい。


IMG_20150806_121351_R.jpg




先月は怖がらせてしまい

そばに寄ることはせず またね、をした夕夏ちゃん。


今回は 後ろを向いていると

クンクンとそばに来てくれたので

しゃがんでそこにじっとしていたら

足元にすり寄ってきてくれて


そっとそっと 撫でて


IMG_20150806_120936_R.jpg



こわくないよ 大丈夫だよ、と

話しかけて そっと撫でて


IMG_20150806_115629_R.jpg



いいお顔を見せてくれた!

ありがとう夕夏ちゃん。 またくるね。


IMG_20150806_115330_R.jpg




そして 先月はみんなと一緒に

昼間は日陰で自由にしていた ちゃたろうが

スタッフルームに横たわっていました。


一瞬はっとしたけれど。


その姿は Gくんと重なって

勝手に苦しくなったけど。


IMG_20150806_115947_R.jpg



自分で自分の身体を動かすことが難しくなり

それでも 

床擦れができちゃってる右側を下に

横になっているのが彼にとって安心な姿で。

犬の介護用マットで

負担をできるだけ少なく過ごさせてもらっていました。


IMG_20150806_120616_R.jpg



そんなちゃたろうも

お散歩に出て排泄をする、という気持ちが残っています。


動かすのが難しい半身を壁側に

左前足も 左後足も ゆっくりと前へ出せています。


IMG_20150806_120824_R.jpg



右の前足を出す手助けをしてもらうと

もう左の前足が出ている…

ちゃた頑張れ、上手上手!と 胸がいっぱいに。


諦めないスタッフさん。

諦めないちゃたろう。


みんななんて強いんだろう。


IMG_20150806_121120_R.jpg



そして抱きかかえられてプレハブ内に戻り

栄養たっぷりのミルクをもらうちゃたろう。


手当てもしてもらって 横になる。


IMG_20150731_144358_R.jpg




私は 震災前、

ただスカイと日々を楽しく暮らしたい飼い主でした。


でも今はこの保護センターから

教わること 学ぶことがいっぱいで

それと同じくらい

なんで?どうしてこんな目にあうの?と

思えてくることもいっぱいです。


IMG_20150731_151235_R.jpg



震災と原発事故のあと

私たち人間も このコたち生き物も

一生懸命毎日を歩いてきました。


IMG_20150806_115827_R.jpg



明日を心配したりせず

今を精一杯生きているコたち。


IMG_20150806_120329_R.jpg



明日も 明後日も 精一杯でありますように。



いつも笑顔をありがとう、ララちゃん。


また来てもいい?

また会いたいよ。


待っててね。


IMG_20150806_121932_R.jpg





いわき市ペット保護センターは

今年の9月末で閉鎖になります。


これまで温かなお気持ちをエールにかえて

見守って下さったみなさま

どうもありがとうございます。


スタッフさんたちからも

いつもそう言付かってきました。


本当に ありがとうございます。


長々とすみません、

さいごまで読んで下さりありがとうございます。









2015年06月26日

いわき市ペット保護センターへ。

2015.June.26 Fri




前回 南のほうで梅雨入り、と書きました。

今回は とうとう福島も梅雨入りしたよ!昨日! です。

みなさんのところのお天気はいかがでしょう。


さて。

昨日 一か月ぶりに【いわき市ペット保護センター】に行きました。

これまでに保護センターへのフードやシートなどの有り難い品々、

温かなメッセージやご寄附・エールなど 沢山の方々の想いを積んで

センターへと向かわせて頂きありがとうございました。

今回も 愛情溢るる品々をのせて向かいました。

IMG_20150626_120707.jpg




お邪魔した昨日の時点で

犬10頭が センターにいました。


このみちゃん、はじめまして。

先月来た時には いなかったよねぇ。

愛嬌のある ふわふわな元気な女の子。

この先の季節暑くなるからね、元気でね。

IMG_20150626_131611.jpg




ララちゃん、こんにちは。

元気そうにして見せてくれたね、ララちゃん。

本当はちょこっと 痛みを我慢してるのかなぁ。

毎日体調管理をしてもらえているから異変に気づいてもらえて

近々検査の予定だそう。

大きな病気ではありませんように。

じっと我慢をするコだからこそ どうか痛みがありませんように。

IMG_20150626_131758.jpg




前回 お名前を忘れちゃってた女の子。

夕夏ちゃん、こんにちは。

今回は 目が合うたびに逃げ腰だったので

無理にそばに行くのはやめました。

怖がらせちゃってごめんね、また一緒に遊ぼうね。

IMG_20150626_131835.jpg




ちゃたろうー わー!こんにちは。

立ち上がって お水飲んで くるくる歩いて

ちゃたー、がんばれーって 

声はもう届かないのかもしれないけど

ちゃたろうの頑張りは おばちゃんしっかり見てたからね!

ありがとちゃたろう。 また来るね!

IMG_20150626_131958.jpg




はじめまして、ルーカスくん。

ごめんね、いっぱい威嚇させちゃって。

大丈夫何もしないよ。大丈夫。

吠えていない時は まるでぬいぐるみだよ ルーカスくん。

どうしてセンターに 来ちゃったの。

何を言いたくて 吠えてるの。

IMG_20150626_132559.jpg




ななちゃん、こんにちはー。

向かい側のルーカスくんが吠えると

静かにしてよ、って吠えるんだって?ななちゃん。

そうやって センターに先にいたコが

新しくやってきたコに教えてあげてるんだね。

ここでは 安心して過ごしていいんだよって教えてあげてね。

IMG_20150626_132031.jpg




やぁやぁ シーザーくんこんにちは。

あなた ほんといいお顔してるわねー。

最初わんわん吠えてても

大丈夫だよって言いながら少しずつ匂い嗅いでもらって 

かわいいねーって声かけて撫でてると

だんだんお顔が くしゃーってなるもんね。いいこいいこ。

IMG_20150626_131938.jpg




こんにちはー、たろう。

また梅雨が来ちゃったよー。

たろうがここで迎える梅雨は 何回目だっけ。

3回目かなぁ… 4回目は ないんだ。

たろう。 

あなたが人間に 言いたいことはなんですか。

IMG_20150626_131823.jpg




ありがとうね、りょうちゃん。

新しいおうちへと 迎えてもらえる事になったと聞けて

りょうちゃんのところへとんでいったら

こんなお顔で いてくれて。

お散歩ボラさんや 非番スタッフさんも

りょうちゃんに会いに来てくれたんだってね。

明日はシャンプーしてもらってから出発なんだって。

新しいご家族と 仲良くね。

戻ってきちゃだめだよ。

りょうちゃん 本当に本当に 幸せに。

IMG_20150626_131033.jpg




いわき市ペット保護センターは

東日本大震災で被災した動物を保護する場所として

2011年の5月にできました。

その頃は

被災して家を失い ペットとの暮らしが叶わなくなった方のコが

飼い主さんが迎えに来てくれるのをひたすら待っているコが

次々とやってきていました。


昨日お話を聞いたところ

この後保健所から 3頭の小型犬がくる、と。

その3頭は どうして保護センターに来るのだろう。


もう震災とは無関係に 全国各地と同じように

飼えなくなったペットを保健所に持ち込む方や

ペットを捨てる方というのも 増えているんだと思います。


でも、その奥に 震災の影響みたいなものを感じる

お話があるのも現実なんだと思います。


いわき市ペット保護センターは やってくるコたちを

毎日お世話して 苦手を克服できるように接して

安心できる環境を保ってくれた場所です。


そんなセンターも 9月末で閉鎖です。

IMG_20150626_132738.jpg




「また来月ね」「スカイ、またね!」

いつものように 挨拶をして

いつものように 手を振って

また会いに行こうと思います。




自分の中でもまとまらず長々すみません。


いつもセンターのコたち スタッフさんたちに

エールを送って頂きありがとうございます。


さいごまで読んで下さり どうもありがとうございます。









2015年05月25日

いわき市ペット保護センターへ。

2015.May.25 Mon




5月も下旬、南のほうでは梅雨入りだそうですね。

ここいわきの山間部では 春の心地よい風が吹く日々です。

みなさんお元気ですか? こんにちは。


5月15日に久しぶりに いわき市ペット保護センターへと行きました。


IMG_20150525_211713.jpg


「あなたが今 必要だと思うところへ届けて欲しい」と

託して頂いた 想いの込められたご寄附や

「保護センターにいるこたちへの こどもの日の贈り物にして」と

託して頂いた 有りがたいフードやペットシーツ、


IMG_20150515_130539.jpg


そして見守ってくれているみんなの思いも

ぎゅっと積んで 向かいました。


IMG_20150525_205425.jpg


お邪魔した日の時点で

犬11頭 猫1匹 が、保護センターで暮らしていました。


屋根が 強い日差しを遮り

スノコ状になっている仕切りが涼しい風を通して

清潔なスペースを与えられてるなぁと いつもながら感心。


IMG_20150525_205832.jpg


久しぶりのセンターは

おやおや わんこたちの顔ぶれが変わってる。


はじめまして、ななちゃん。

かわいいベッド いいねー。


IMG_20150525_210008.jpg


久しぶりー りょうちゃん。

すっかりセンターの子の いいお顔になったねぇ。


IMG_20150525_210215.jpg


はじめまして、はじめまして 元気ガール。

お名前を忘れてしまった おばちゃんを許しておくれ。


IMG_20150525_210525.jpg


ターローウー 久しぶり!会いたかったよー。

もうどこも 痛そうじゃないよねタロウ。

いいお顔してる。


IMG_20150525_210640.jpg


はじめまして、シーザーくん。

なんか…こぉ…

もうずっと前から撫でてたような気がしちゃうねぇ

みんなにいっぱい撫でてもらってるのがよくわかるよ。


IMG_20150525_210843.jpg


ちゃたろうー 聞こえるー?聞こえないか。

ちゃたろうー 久しぶりー! もう見えないか。

ちゃたろうー 安心だよねぇ ゆっくりお休み。

用意してもらってるスペシャルごはん 食べるんだよー。


IMG_20150525_211036.jpg


やぁやぁ、はじめましてコロちゃん。

なんか はじめましてって感じしないねぇ。

スカイの匂いする? 


IMG_20150525_211205.jpg


ララちゃん、あなたも

どっこも はじめましてな気がしないよー。

どうして保護センターにきちゃったの?


IMG_20150525_210422.jpg


…っていうか。

ねぇ、ララちゃん?

ララちゃんがいる この場所って。

真っ黒男子の場所だったんだけれど 知ってる?

ご機嫌なお顔でコンクリートブロックに座って

しっぽブンブン振りながら寄ってくるリバーっていう子が 

もうずーーーっとここ居場所にしてたんだけど

どこにいるか知ってる?!


IMG_20150525_154037.jpg


リバー、保護センターの卒業生 のコーナーにいました。

5日前に ほんの5日前に

リバーを選んでくれた岩手の方のもとへと向かった と聞けて

嬉しくて なんか淋しくて でもやっぱり嬉しくて 

涙腺決壊 ぼろぼろ泣けた。 

リバー 幸せに。 どうか幸せに。


IMG_20150525_211424.jpg


そして。

今回スタッフさんから教えて頂いたことがあります。


いわき市ペット保護センターは

今年9月末で 閉鎖となることが決まったそうです。




IMG_20150525_211303.jpg


震災の年 2011年の5月に出来て

この5月で 丸4年。


色々な状況で ここへと辿り着くことができた生き物たちを

守り・育み  元のご家族のもとへと繋ぎ、

新しい家族のもとへと繋いでくれた場所。


IMG_20150525_210314.jpg


今は 少しずつ気持ちが落ち着いてきましたが

「いつかこの日がくる」ことはわかっていたのに

残りの時間を思ったり その先を考えたりすると

何をしていても手がとまってしまいます。


それでも センターのみなさんは

あの子たちのお世話をいつも通りにされ

里親さん探しも今まで通りに続けられる。

これまでの4年間も ずっとそうされてきてた。


私もこれまで通り あの子たちに会いに

お邪魔させて頂こうと思っています。


また 書きます。




さいごまで読んで下さりありがとうございます。









2015年04月06日

今 (2015.04.05)のこと。

2015.April.06 Mon




こんにちはー。

あちこちで 桜が開花し始めている いわきです。

今年は福島県内 桜の開花が早いところが多いみたい。


みなさんのところはいかがー?


IMG_20150405_110435_R.jpg



しゃて。

昨日4月5日(日)に

久しぶりにオットとスカイと 県内を北上しました。


2年前はまだ

北と南で断絶されていた道 国道6号線です。


2013.04.01 に書いた記事は コチラ →

下記の図の中にある

帰還困難区域のほかにも

居住制限区域とか

避難指示解除準備区域とかもあるのだけれど


2014年の秋に 国道6号線が開通し

今年2015年3月には 高速道路も繋がって

いわきから 南相馬、

いわきから 仙台、が ぐんと近くなりました。


            至:南相馬

20140916038jc.jpg

            至:いわき




これまでUターンをさせられていた

物々しいゲートもなくなって

6号線を進むことが出来るようになっていて

「ほんとに繋がったんだーー!」

と ものすごい感激していたのだけど…


IMG_20150405_122631_R.jpg


やっぱりそこは…

人が住めなくなって 丸4年が経った場所で…


IMG_20150405_122806_R.jpg


やっぱりどんなに近くにいたって

突然 全てを奪われた人たちの想いなんて

これっぽっちもわかるはずなんてなくて…


DSC03021_R.JPG


絶対に 

絶対に同じことがあってはいけない

それだけ。


ほんと それだけ。


DSC03058_R.JPG


春には水のはられた田んぼに

青々とした稲が植えられ


IMG_20150405_141715_R.jpg


秋には黄金色が

どこまでもどこまでも続いてた

IMG_20150405_142711_R.jpg


…なんで こんなことになったのだろ。




IMG_20150405_142210_R.jpg





同じ福島県の

同じ浜通りの

毎日ローカルニュースで見聞きしてることなのに


それでも


自分で走って その距離に呆然となり

自分の目で見て いまだに続く無残さを実感し。


自分の心に 

それらをぎゅっと留めておこう と思いました。

生きている限り。



IMG_20150403_113559_R.jpg


今、福島県は 

デスティネーションキャンペーン

という大型のPR期間中で

県内各地で様々な企画が立ち上がっている様子。


我が家も 県内の花の名所を巡る

フラワースタンプラリー というのに参加中。


福島の美しさを 次は撮ってくるどー。


IMG_20150405_110814_R.jpg


さいごまで読んで下さり

どうもありがとうございます。










2015年03月21日

マイペースで ゆきます。

2015.March.21 Sat




こんにちは。


2015年の3月11日から10日が経ったけど

何やら今年はいつまでも 

あれから4年…みたいなのが目について

どーも心がざわざわしているmayu造です。

みなさんは大丈夫?


そんななか本日、

福島県内では ドラマ《フラガールと犬のチョコ》 放送です。

3月11日のひに 先に放送された関東から

ドラマの感想といっしょに

「ペット保護センター写ってたよ!」

「カールやリバーの元気な様子が見られた!」と

メッセージをもらっているので

わしも今日 そっと観たいと思ってます。



そして。

仕事の忙しさと 自分の体調不良で

しばらくおやすみしていた 《For many dogs》 のshopを

久しぶりに再開しようと思っています。


振り返ればこれまで4年間、

本当に沢山のご支援を頂いてきました。


ちょこっと突っ込んで振り返ると

勝手にドバーっとなって 危険なのでやめるけど

みなさんからの温かな思いを積んで

スカイといっしょに避難所回ったり

警戒区域となった場所へと向かったりした

4年前のあの日々が

全然色あせずにポコポコと いくつもいくつも蘇る。


沢山見て聞いて泣いて

何ができるだろう 何が誠意なんだろう

って ずーっと考えて ボスに相談して


一番必要としているところへお金を届けたい、

自分が手を動かして作ったものを

気に入って下さった方に購入して頂き

そこでうまれたありがたいお金を 

被災犬のために使いたい、

と思った あの日。


これまでに 《For many dogs》から

被災犬の支援へと回せたお金は 50万円強。

支援して頂いたフードやシートは 数え切れない程の量。

全て みなさんのおかげです。

本当に 感謝してもしきれない

どうもありがとうございます。


また 別のかたちで


「あなたが何かを作る役に立てて」と

布や副資材を送ってくれる友…


「ちょっとでもお手伝いができたらと思って」と

丁寧に作られた手作りの品々を託してくれる友…


子育てと仕事に忙しく動き回る日々の中

手作りのパンを販売して得たお金を

毎年震災のあったこの3月に 

「今 必要だと思った先に届けてね」と託してくれる友…


同じく子育てと仕事に明け暮れる中

自ら育てた植物の苗や種を販売して得たお金を託してくれたり 

必要な物資にかえて 直接送り続けてくれてる友…


わしなんかには到底考えられないような 

優しさや強さを持ち 

それぞれの毎日をおくっている人たちが

ずーっと 近くにいるみたいに応援し続けてくれている。


そんな人たちの想いを胸に

ここにいるから出来ること を 再開します。



また 細かいことが決まってきたら

ここに書いてゆきます。


ひとつひとつ 丁寧に

感謝を込めて作ってゆきたいので

ペースはやっぱりカメさんになると思うのですが

どうぞまた 覗きにきてやって下さい。


ありがとう を 縫い込みたい。


今は そんな気持ちでいっぱいです。

DSC02997_R.JPG


読んで下さりありがとう。









2015年03月09日

超えてゆく。

2015.March.09 Mon



みなさんこんにちはー。


あれから4年 あの日から4年… って報道が

多くなっているのでしょうか、最近の全国放送。


わしらはこの4年間 まいにちの事になっていて

がっかりしたり嘆いたり 涙こぼしたりして

ここまでの1日1日を過ごしてきているのだけど


福島を出てみると 

あ、震災のこととか 東電の原発事故のこととか

今日の放射線量とか 全くやんないんだ、と

再確認してそっちにびっくり みたいな感じなので


ここ最近の 今の被災地は…みたいな報道に

色々思い出して 

辛い思いをされてる方がいたらごめんなさいね。




で。

わたくしごとではございますが


mayu造 今年の1月半ばに

右卵巣全摘出の手術を受けまして

翌月2月半ばに

「腫瘍は悪性じゃなかったよ、

 良性だったよ よかったね。」

との病理検査結果を頂くことができまして

今月半ばの

まさに あれから4年…の 3月11日に

診察予約を入れてありますの。

てか、左の卵巣も同じ状態になる可能性があるそうで

これからもずっと通うのですけどね。


でさ 今回色々考えたのでありますよ。


震災は突然どかーんとやってきて

本当に本当に広い範囲で多くの悲しみを

大きな傷跡を残していった。


おとーさん(義父)は一昨年

もともと弱っていた肺の状態を悪化させて

おかーさん(義母)や子供たちにじわじわと

深い悲しみと沢山の思い出を残してった。


でね

mayu造なりに考えた結果 

これからを生きるリナルイには

どんな結果であろーとも全てを伝えて

死に様まで見せよう、

見てもらえるように 生きよう、と思い至って

はじめからあれこれ伝えられたんだけど


おかーさん(義母)と 自分の両親を含む

その他数名の 大切な人にこそ

なっかなか伝えられなくてねぇ。なんかやでねぇ。


震災の時みたいに突然!は心臓に悪いし

おとーさん(義父)の時みたいにじわじわもしんどいし

何より いいものなんだか わるいものなんだか

切り取って ぱっかーんと開いてみないと

わかんないんだから 黙っとこ、

みたいな。


で、良性だったとわかってから

仕事の合間に おかーさん(義母)に話して

実家の両親にも話して… で、今に至る。であります。


よし、ここにも書いたぞ。


2011年3月11日があったことと

お義父さんの最期を看取ったことで

自分たちが死にゆく時 について

夫と 普通に話をするようになりました。


昔はそんな事全くなかったけど

突然の時用に、と 

一緒にエンディングノートを書きはじめ

じわじわの時用に、と 

相手の希望をお互いが知っておこうと話しています。

聞けないままだったり

聞けるような状態じゃなくなったり

そんな後悔をするのはいやだから。


これまでの経験から学んだ事を

よりよく伝え残してゆけるように。


海沿いの光景は まだまだ胸が痛むし

原発事故に関しては

ずっと胸の中で炎がめらめらしてるけど


わたしたちはこの4年間

沢山の人の応援や手助け、

笑顔や優しさ 支援のお気持ち、

などに支えられて 励まされて 

ここまでくることができました。忘れません。


同じようなことがどこにも起きませんように。


みなさんと みなさんの大切な方々が

健康で よりよい日々を送られますように。


心の底から 願い続けています。


imgrc0064589344.jpg


うお。長くなったなぁ。

さいごまで読んで下さりどうもありがとうございます。








2015年02月23日

こんにちは!

2015.February.23 Mon




2015年も どうぞよろしくお願いいたします。


DSC02686_R.JPG


2014年を富士山眺めながらおくり

2015年を富士山眺めながらむかえ


スカイ&mayu造 元気に暮らしております。

みなさんもおかわりありませんか?


ブログの更新は滞っておりますが

(パソコンをあまり立ち上げない冬眠期)

右に表示のTwitterのほうで

ほぼ毎日ぶつぶつと呟いておりますので

(スマホさえ握ればこっちのもの)

あー元気にしてるな、と

生存確認をしていただくもよし

もうこの際 Twitter始めちゃおっかしら♪と

声をかけていただくもこれまた嬉し。


みなさんのお元気な様子も

にこにこ浮かべながら

年度末事務 頑張ります。ふごっ

現実が結構もんもんとしてるので

Twitterでは好きなことばっかし呟いてます。ふごっ


それではでは。

みなさんあたたかくお過ごしくださいね。


DSC02759_R.JPG









2014年12月20日

みんながやってきた!。

2014.December.20 Sat




こんにちは。

気忙しい時期に突入しましたね、

みなさんお変わりありませんか。


あちこちでクリスマスソングが

流れるようになってきていた先週半ば、

リナ(長女)&まーしゅ(孫:もうすぐ5ヵ月)が

いわきへとやってきました。


まーしゅは リナにだっこされながら

キラキラしたものを

じーっと眺めるようになってました。


IMG_20141212_143304_R.jpg


普段の生活の中で 

ワンコやニャンコとの接触はないそうですが

スカイがそばをとことこ歩くと手をのばします。


IMG_20141212_081827_R.jpg


まーしゅ、

このでっかいのは いぬだよ。

名前はスカイ。

まゆーばの大事な相棒なんだ。


そっとそっと やさしくね。


IMG_20141212_105102_R.jpg


スカイはスカイで

まーしゅが泣きまくっていても

寝続けることができるようになり、

まーしゅが手足をのばしながら

「ぁーぅー」とお喋りしていると

そばに寄ってうとうとしたり


一緒の時間の上手な過ごし方を

見つけられるようになってきました。


IMG_20141211_093429_R.jpg


どちらも成長していて

どちらもそれは自然なことのようで

でもものすごく ものすごく幸せな気持ちをくれて。




夜には 夏以来のルイ(次女)も到着。


DSC02451_R.JPG


リナルイ2人で台所に立ち

「コンロ、良くなったねー」

「水栓のポタポタっていう水もれも

 なくなってよかったよかった!」

と 一緒に暮らしていた頃と

なーんにも変わらないよなお喋りをしたり


IMG_20141212_185242_R.jpg


2人の普段の都会生活ぶりを聞いて

「へー!」「うひょー!」と

浦島太郎な気分になったり(笑

のんびりと たっぷりと

ちょっと早めのクリスマス気分を

みんなで一緒に味わいました。


IMG_20141212_210031_R.jpg




じーじ(夫)に抱っこされて

絵本に夢中なまーしゅ。


抱っこしてるじーじの顔を見上げると

ぎゃん泣きなのに(人見知り開始)

絵本のページをめくると泣きやむという不思議。


IMG_20141212_203513_R.jpg




こちらでは

スカイをお布団の中へと誘い込み

画像をあれこれ見せながら

お友達の話や仕事の話を

スカイに聞かせるルイ。


普段人間の布団にはのらないけど

ルイの隣へは迷いなくもぐりこむ不思議。


IMG_20141212_203527_R.jpg




まーしゅと リナとルイが我が家にいたのは

ほんの短い時間だったけど

忙しい中ここまで足運んで

一緒の時間を過ごしてくれることに 感謝。


IMG_20141211_093145_R.jpg


ありがと、まーしゅ。

ありがと、スカイ。

ありがと、娘たち。

ありがと、じーじ… じゃない、夫(笑。










2014年12月08日

南魚沼の旅 【牧之通り】。

2014.December.08 Mon




ちょっと月日は戻りますが

11月24.25日、オットとスカイとのんびりしに

勤労感謝の旅に出ました。


向かった先は 新潟県南魚沼市。

美味しいお米と 美味しいお酒の生まれる土地です。


中でもとても胸に残った場所

【牧之通り(ぼくしどおり)】のことを書きます。


DSC02371-1_R.JPG


三国街道塩沢宿牧之通りウェブサイト →


DSC02350_R.JPG


とてもいいお天気に恵まれて

静かな通りを散策。


DSC02373_R.JPG


趣のある立派な店構えの蔵元さん。

どこか懐かしさも残しつつ

美しく整えられた造り。


DSC02367_R.JPG


店内も立派な柱や梁、そして土間。

今年の酒米の出来だとか

日本酒にはここの水が一番だとか

お店の方のお話に耳を傾けつつ

ゆっくり時間を過ごします。


DSC02370_R.JPG


新潟県には 90以上もの酒蔵があるそうで

通りの中にも 様々な銘柄を扱う

酒屋さんがあちこちに。


DSC02352_R.JPG


美味しい南魚沼のお米やお菓子を

扱うお店だってもちろん有。

この時期ならではの新米のれん。


DSC02342_R.JPG


牧之通りに並ぶのはお店だけではなく

一般の方のお宅も多くあるのだけど

美しい造りが多くてびっくり。


DSC02344_R.JPG


景観を大切に考えられているんだねー、

などと 感心しきり。


DSC02345_R.JPG


蔵もある!と見入ったここは

信用金庫でした。


DSC02362_R.JPG


そして又 酒屋さんへ吸い寄せられる(笑。

ここ すずき酒店は 鈴木牧之氏の生家。


DSC02346_R.JPG


牧之通りが美しく整えられたのは

今から8年前で

それ以前は 冬の厳しい豪雪による

痛ましい被害や事故が絶えなかったこと、

この街並みへと整えるまでには

住民にも様々な苦労があったこと、

などを 沢山教えて頂きました。


DSC02348_R.JPG


どちらからいらしたの?と聞かれて

福島のいわきから と答えると

震災の時には大変でしたでしょう、

今はどうなの? 人の暮らしは落ち着いたの?

原発の事故後 食への心配はまだ続いている?と

今度は沢山心配して下さって。


DSC02358_R.JPG


もともと新潟は大好きなお隣の県だけど

このごろ向かう回数が増えてるのは

自然が美しいことや 美味しいものが多いこと

のほかに


DSC02361_R.JPG


新潟県も 中越の震災の爪痕が今も残っているのに

厳しい冬の季節もすぐまたそこなのに

柏崎の原発の再稼働問題もあるのに


DSC02377_R.JPG


人が 優しい。

あったかい。

沁みる。


DSC02355_R.JPG


美味しいお米と 美味しいお酒を積み込んで


DSC02330_R.JPG


八海山に積もる雪を眺めながら

ありがとう新潟

さぁいわきに帰って また頑張ろう!

と、むくむくと元気が湧くのです。


DSC02384_R.JPG


そして

美味しいから食べてみてね、

と 酒屋さんがくれた酒粕を使って

お漬物つくったり 粕汁つくったりして

また あの旅を思い出しながら

過ごしています。


DSC02409_R.JPG


ありがとう 南魚沼。

ありがとう 新潟。










ありがとう!



mayu造が自分の目で見たこと、

自分の耳で聞いたこと、

その場にいて感じたことを

書き残したいと思います。


仲間と大笑いする日もあれば

ひとりうずくまって泣く日もある、

それは あの日より前だって同じだったはず。


こんな風に書き始めて

ちょうど10年目になりました。

いわき市民になって

ちょうど20年目になりました。

あなたと出会えて

どのくらい時間が経っただろう。

これからどんな出会いがあるのだろう。


みなさんどうもありがとう。


もしも
 
何かお手伝いできる事があったり

お急ぎの連絡の場合には

mayu造携帯アドレス

mayu..dipper..☆docomo.ne.jp まで

メールをお願いいたします。

※注)☆は@に換えてください。



mayu造






Twitter

Recent Comments

  • mayu造。 on マイペースで ゆきます。
  • on マイペースで ゆきます。
  • mayu造。 on 超えてゆく。
  • mayu造。 on 超えてゆく。
  • marco on 超えてゆく。
  • ウェリナママ on 超えてゆく。
  • mayu造。 on こんにちは!
  • ウェリナママ on こんにちは!
  • mayu造。 on みんながやってきた!。
  • ウェリナママ on みんながやってきた!。
  • かつもと on 10月あれこれ。
  • mayu造。 on こんな偶然。
  • oz.ako on こんな偶然。
  • mayu造。 on こんな偶然。
  • ウェリナママ on こんな偶然。